野良ネコ生活の厳しさを知ってネコに優しくなれる感動作『のらねこものがたり2: お外は危ないよ』

Masa Kei

2023/12/24

のらねこものがたり2: お外は危ないよ』は、迷子になって帰れなくなった飼いネコの「シナモン」となり、路上で野良ネコの生活を体験するアドベンチャーゲーム。

食べ物を拾い、狩りをして空腹を満たすサバイバル生活をしながら、全10章のメインストーリーを楽しもう。さまざまな事情を抱えた野良ネコや人間にプレゼントをして交流を深め、サイドクエストを達成していく楽しみもある。

本作はPC版がSteamで発売中で、ウィンターセールに参加。デモ版が無料で遊べる他に、Nintendo Switch版の発売も予定されている。

Save 40% on A Street Cat’s Tale 2: Out side is dangerous on Steam
[Adventures of House Cat Cinnamon]*A street cat’s tale 2 is a narrative-led puzzle adventure game about the struggles of stray cats.

開発元PPIYO STUDIOの代表HACOBE氏は、翻訳者のクレジット記載に快くご協力くださった方である。日本語翻訳の担当は、フリーランス韓日翻訳者の「ふじこ」さんこと、向井志緒利氏(向井氏のブログ)。

筆者は本作に関して開発者と翻訳者が交流できるように協力しており、韓国のインディーゲーム展示会でHACOBE氏と向井氏が対面する場にも同席させていただいた。こうした距離の近い交流はインディーゲームの魅力の一つなので、本稿にそのときの様子も書かせていただければと思う。

▲魚屋さんのごみ箱に残り物がないか探すのが日課。ドロボーはダメ!

ネコ同士が仲良くなっていく愛らしさ!

先に、ネコ好きな方に向けて本作の可愛いポイントをご紹介しておこう。

まず、シナモンが飼い主のヘーゼルお姉ちゃんと会えなくなって寂しがる姿が切ない。どうかプレイヤーのみなさんに、健気にずっと飼い主を探し続けるシナモンを導いてあげてほしい。

▲いい子すぎるシナモンの泣きそうな顔を見てたまらなくなる

シナモンが身を寄せる野良ネコのアジトには9匹のネコがいる。他にも、街に出れば人間、イヌ、その他の動物もいて、会話やプレゼントをして仲良くなれる。キャラクターごとに用意されたサブクエストを進めていきながら、それぞれの事情を知り、相手の心に寄り添うような温かい交流ができるだろう。

相手の好きなものをプレゼントすれば、可愛い笑顔を見せてくれる。恋愛ゲームではないのだが、コツがわかってくると、プレゼント攻勢で次々とキャラを攻略していくのが楽しくなってくるはずだ。

▲大好物をあげて最高の笑顔を見せてもらおう
▲最初は塩対応のキャラもデレる。全キャラ攻略したくなりそう

どんどんお腹が空く!食べ物探しで忙しい日々

基本のゲームシステムをさらに説明しよう。時間の経過と共に「満腹度(Hunger)」の数値がどんどん減っていくので、ごみ箱や茂みをあさって食べ物を探し、ネズミなどを狩ってなんとか食いつないでいかなければならない。

ごみ箱からは主に「生ごみ」などが手に入る。食べると満腹度は増えるが、HPが減ってしまうので注意が必要だ。

まともな食べ物を手に入れるには狩りをしよう。ネズミやカエルなど、近づいてくる敵を迎え撃つようにして攻撃すればいいだけなのでシンプルだ。獲物を食べて満腹度を回復させよう。

▲獲物のほうから近づいてくるので簡単。ひっかいて攻撃!

ポイントは、何かを攻撃するとシナモンの満腹度が減るということ。活発に狩りをして、木箱を壊して探索もしていると、お腹が空くのも早く、そのぶん何度も食事をして補うことになる。

また、初期状態では持てるアイテムの数が少なく、すぐ枠がいっぱいになってしまう。のちに何かに使えそうな素材やクエスト用アイテムを大事に持っていると、食べ物を持ち運ぶスペースが足りない。

そんなときは市場の西にある「繁華街」エリアのお店に素材を納品することで、アイテムの所持数を増やすアップグレードもできる。その他にも強力なアップグレードがいくつかあり、徐々に生活がしやすくなっていくので、サバイバルが大変と感じる時間があるとするなら序盤だけかもしれない。

▲茂みからアイテムを集めるのも忘れずに!

倉庫番パズルを攻略して新しいエリアに!

先述の「繁華街」などへ向かう道路は、最初は通行止めになっている。ただし、下水溝の通路を通って新しいエリアに行くと、その後は通行止めが解除されて行き来できるようになる。

下水溝の通路は、いわゆる「倉庫番パズル」になっており、箱を押してスイッチの上に載せて仕掛けを作動させながら先を進む。

少し気になる点は、この倉庫番パズルの難易度である。たしかにパズルゲームよりは解きやすく設計されているようだが、倉庫番パズル未経験の方には勝手がわからず苦戦するのでは、とやや心配だ。可愛いネコのゲームだと思って本作を手に取った方が、パズルを解けずに進めなくなる可能性もなくはない。

しかも、パズルに苦戦してあれこれ試しているうちにも満腹度は減っていくので、食べ物を確保していなければ飢え死のリスクもある。パズルに挑戦する前には、アジトの寝床でセーブしておくのがオススメだ

▲中盤の倉庫番パズル。何度もやり直せば、なんとかなる?

野良ネコと住民たちの関係を考えさせられる

ところで、本作は野良ネコをめぐる社会問題を題材として扱っており、ゲームを起動したときの注意書きに「この作品はストーリーの流れ上、動物虐待を連想させる場面が含まれています」と提示される。

ネコがひどい目に遭うのを見るのが辛い、という理由で購入を迷うプレイヤーもいるかもしれない。多少ネタバレになるが説明をさせていただきたい。

例えば、見知らぬ子ネコの亡骸が公園で見つかるという事件が発生する。ただし、白い布がかぶせられてネコの姿はほぼ見えないようになっており、血の描写もない。

▲公園で子ネコが可哀想なことに……シナモンを探す飼い主さんは気が気でない

公園に姿を見せた不良少年たちは、近所迷惑な動物は減ったほうがいいと言い、事件への関与を疑われても開き直っている。

この不良少年たちが悪意のある人間として描かれる一方で、善良な人々が子ネコの亡骸を丁重に埋葬する描写や、公園の管理人が不良たちを注意して秩序を守っている描写もある。

ネコ好きな方々の気持ちを代表しているかのように、ネコと良い関係を築いていく人間も登場するので、どうか安心して結末まで見守っていただければと思う。また、シナモンと知り合いのネコたちも被害に遭うシーンがあるが、悪意ある人間によって知り合いのネコが命を奪われることもない

開発者の人柄に触れてゲームに興味を持った

筆者が本作を今年のうちにプレイしておきたいと思ったのは、開発者がどんな思いを込めてゲームを完成させたのか興味があったからだ。ただの可愛いゲームではなく、野良ネコをめぐる社会問題に向き合い、メッセージを込めつつ、愛情も感じられるゲームを作るという試みは、見ていて応援したいものだった。まず、筆者がプレイして皆さんに伝えていきたいと思ったのだ。

先述のとおり、PPIYO STUDIOの代表HACOBE氏は、翻訳者の名前をクレジットに記載してくださった。欧米ではクレジット記載がなければ「フェアではない」と批判されることもあるが、韓国のゲームで日本語翻訳者の名前が公開されたケースは驚くほど少ない。

本作の日本語翻訳を担当した向井氏は、80作品以上(現在は90作品以上)の翻訳に関わったとプロフィールに書いておられるが、自分が翻訳したと公言できるようになったゲームは本作が最初である。韓日ゲーム翻訳者がどれほど守秘義務契約に縛られているかが窺える。

▲これがそのクレジット。特にフリーランスの翻訳者にとっては非常にありがたいこと

HACOBE氏は、翻訳者をクレジット記載するのが当然のことだと思って翻訳会社に問い合わせたという。「1ヶ月間一生懸命翻訳してくれて、翻訳者の方々もゲームを一緒に作っていく方々として当然のことだと思って記載しました」と述べていた(HACOBE氏のコメント)。もし、その翻訳会社が協力的で、ゲーム開発者から問い合わせがあれば名前を知らせるという方針だった。

筆者がお手伝いしたのは、本作のPC版が2023年6月に発売されたときに、クレジットを確認して翻訳者のお名前が載っていると気づき、開発者と韓日翻訳者をつなげられるようにしたということである。

2023年8月にプサンで開催された「BIC Festival」に筆者が取材に行った際は、向井氏も会場に来ておられて、PPIYO STUDIOのブースでHACOBE氏にお会いして直接お礼を言っていた。その後、12月の展示会に本作が出展された際もブースにご挨拶に伺ったと聞いている。

▲8月のBIC Festival『のらねこものがたり2』のブース

本来は、こうして展示会に行けば開発者に会えるというのが、インディーゲームの良さだと筆者は思っている。特に韓国の場合は距離が近いので、お互いの国を行き来しやすいし、フリーランス韓日翻訳者には韓国在住の方も多い。

それでも大半は秘密保持契約に縛られて、開発者と翻訳者はつながりを持てないというのが実状だが、一方で、韓日ゲーム翻訳界隈においても、フリーランス翻訳者の方々がインディーゲーム展示会を見て回るという試みが始まっている

そのきっかけを作ったのは、野良ネコの境遇に心を痛めてゲームを手掛けた心優しいインディー開発者だったということを、深い感謝を込めてここに記録しておきたい。そんなHACOBE氏のチームが作った『のらねこものがたり2』がどんなゲームに仕上がっているか、みなさんにも興味を持っていただけると嬉しい。


基本情報 のらねこものがたり2: お外は危ないよ
開発 PPIYO STUDIO
販売 CFK Co., Ltd.
配信日 2023年6月2日 / 日本語有り
定価 1,540円(Steam

この記事で紹介されているゲーム

のらねこものがたり2: お外は危ないよ

インディー

アドベンチャー

シミュレーション

2023年6月2日
日本語対応
¥1,540