【東京ゲームダンジョン4】会場限定!? リズムカンフーアクション『カンフービート』ライター注目タイトル


朝比奈 / Asahina

2024年1月20日~1月21日に東京都立産業貿易センター 浜松町館にて開催された「東京ゲームダンジョン4」の出展作品より、筆者が注目する魅力的なタイトルをピックアップしてご紹介しよう。

なお、基本的にはリリース前の開発中のタイトルや、リリースから間もないタイトルを対象としている。

ビートに乗って最高のカンフーを!

カンフービート』は、レトロな雰囲気を持つリズム要素のある2Dアクションゲームだ。

カンフー映画を観て「カッコいい!!」と興奮し、すぐさま道場の師範である祖父からカンフーを習った主人公の少女。あっという間に免許皆伝を授かった彼女は「ワシの弟子たちにでも挑んでくると良い」という祖父の言葉に、より高みを目指して旅に出るのだった――

そんな感じのストーリーで始まる本作は、ご覧のとおりカンフーアクションが主軸となった作品だ。

マップ上に点在するステージに侵入すると、サーカスなら雑技団、墓場ならキョンシーといったように、その場所にちなんださまざまな相手と戦うことになるのだが、本作はただのアクションゲームではない。

その特徴となるのは、画面中央下部の「赤いひし形のマーク」に向かって一定間隔で流れてくる「ノーツ」に合わせて、テンポよく攻撃やジャンプといったアクションを行うというもの。上手くビートを刻んで攻撃を当てるとゲージが溜まり、強力な技を放つことができるようになる。

もちろん、相手も独特な動きをしてくるので、プレイヤーキャラクターのリズムだけを見ていても上手くいかず、一筋縄にはいかないというのが面白い。

▲技や構えの習得といった成長要素も用意されている

本作を手掛けた"ブルーオニキス"は個人開発者のサークル。本作を2年ほどかけて完成させ、「東京ゲームダンジョン4」に出展となったそう。ゲームシステムの完成度も高く、これはリリースが楽しみだなと思いつつ伺ったところ――

なんと、製品版CDは「会場限定頒布」のみで、今のところSteamなどでの販売予定は無いそうだ。こんな素敵な作品に会場で出会えるのもゲームイベントの良いところだが、より多くの方にプレイしてほしいというのも筆者の本音。

最後にそんな気持ちもお伝えしておいたが、もしまた別のイベントで見かけた際には、皆さんにもぜひプレイしてみてほしい。


基本情報 カンフービート
開発 ブルーオニキス
販売 ブルーオニキス
配信日 2024年1月20日 / 日本語有り
定価 300円(会場限定頒布)
Indie Freaks

Support us