給排気を使いこなして汚染世界を浄化するシューティングADV『SteamDive』ブースレポート【東京ゲームダンジョン5】


朝比奈 / Asahina

2024年5月4日に東京都立産業貿易センター 浜松町館にて開催された「東京ゲームダンジョン5」の出展作品より、筆者が注目する魅力的なタイトルをピックアップしてご紹介しよう。

なお、基本的にはリリース前の開発中のタイトルや、リリースから間もないタイトルを対象としている。

東京ゲームダンジョン 5 ► 2024年5月4日(土)、東京・浜松町でインディゲーム展示会を開催!
「東京ゲームダンジョン」は個人や小規模チームが制作するデジタル・ゲーム(インディゲーム)の展示会です。手頃な出展料と充実した設備で、気軽に作品を出展・試遊できるイベントを目指しています。主催者も個人でゲームを作っているインディ開発者です。みんなで国内のインディゲームを盛り上げましょう!

汚染世界を吸気と排気で浄化していこう

SteamDive』は、汚染された世界を給排気が可能なシステムを利用して浄化していく、ローグライク要素のあるシューティングアドベンチャーゲームだ。

この世界は何らかの出来事によって、目に見えるほどの汚染物質に侵食されてしまっている。主人公はそんな世界を舞台に、汚染物質を吸い込むことで浄化し、また、吸い込んだ空気をさまざまな形で排気して利用する装置を駆使しながらゲームを進めていくこととなる。

主人公は普通の人間のようだが、背中にタンクを背負い、手足には外骨格のようなものを装着している。これが本作の主軸となる大気中の汚染物質の浄化と給排気が可能な特殊な装置で、その出で立ちはスチームパンク的な様相だ。

汚染物質といっしょに吸い込んだ空気は、排気することでさまざまな効果を生む。例えば、脚部の装置から噴出して広大なフィールドを高速でホバー移動したり、高所へと大ジャンプしたりといったアクションが可能。

また、汚染物質を生み出す「汚染生物」もそこかしこに生息していて、出会ってしまえば当然戦いにも発展するのだが、そこでもこの給排気を利用しての攻撃が有効になってくるようだ。

筆者が出会ったのは主人公よりも倍以上はある大きな鳥のような生物だったが、突進攻撃が素早く、こちらもホバー移動で機動的に動き回っていかないとやられてしまうので、なかなかテクニカルで歯ごたえのある戦いが楽しめた。

今回の試遊プレイの内容は、本作の特徴であるアクションを体験してもらうことに注力されているようだったが、会場では本作を手掛ける"DeriveGames"のHitetus氏にコンセプトなどのお話を伺うことができた。

お話によれば、この世界の汚染浄化が目的となる本作では、複数のエリアが連なるルートを選択しながらボスを討伐していくサイクルとなっており、4つのステージが実装される予定とのこと。歯ごたえのある難易度になるが、ローグライク要素によって繰り返し挑む楽しさもありそうだ。

全体のボリュームとしては12~13時間程度を想定されているそうで、そのストーリー展開も気になるところ。開発進捗はまだ15%程度なのだそうだが、給排気というメカニクスそのものが面白く、今後が楽しみなタイトルだ。


基本情報 SteamDive
開発 DeriveGames
販売 DeriveGames
配信日 未定 / 日本語有り
定価 未定
Indie Freaks

Support us